• 総合型推薦入試対策 大学受験のポラリス 志望理由書・小論文・面接等

【2022年度】日本大学の総合型選抜情報!募集人数は?!出願要件は?!

更新日:7月9日


日本大学では以下の学部で総合型選抜(旧AO入試)を実施しています

・法学部

・文理学部

・経済学部

・芸術学部

・国際関係学部

・危機管理学部

・スポーツ科学部

・理工学部

・生産工学部

・工学部

・松戸歯学部


【日大の総合型選抜(旧AO入試)の様子を表にしてまとめました!】↓


【2020年のAO入試の学部ごとの倍率】

・法学部 6.0

・文理学部 3.1

・経済学部 3.2

・商学部 4.3

・芸術学部 2.6

・国際関係学部 1.7 

・危機管理学部 4.0

・スポーツ科学部 2.0

・理工学部 1.3

・生産工学部 1.5

・工学部 1.3

・松戸歯学部 なし





ここから下では、各学部の募集人数、出願要件などをくわしく書いています。

もっと詳しく出願の要件などを知りたい人は、こちらも見てください!!

【専願】

募集学科及び募集人員


●法律学科(法職課程)


募集人員

5名


❶アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

法律学科がめざしているのは,法的な思考方法によって,社会が抱える問題や日常の生活のもめごとを解決あるいは防止できる能力(紛争解決能力)のある人材を養成し,社会に貢献することです。紛争解決能力を養うにあたって重要なのは,法律学の知識を単に習得することだけでなく,法を学ぶことによって,社会に対して常に関心を持つこと,論理的な思考をすること,議論を行いながら他人との健全なコミュニケーションをはかることです。このような観点から,入学試験では,経験や知識だけでなく,法や社会に対する関心の高さ,その人の責任感や勉学への意欲,他人への考えを理解しつつ自らも強い意志を有する態度などをみながら,法を学ぶ姿勢と熱意があるかを評価します。


❷出願資格

次の(1)~(3)のいずれかに該当する者

(1)高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者または卒業見込みの者

(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者または修了見込みの者

(3)高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者または2022年3月31日までにこれに該当する見込みの者


❸出願要件

・法曹コース

次の(1)及び(2)の要件をすべて満たす者

(1)司法試験にチャレンジして法曹(裁判官,検察官,弁護士)を目指そうとする者

(2)法律学科法職課程の教育内容を理解し,合格した場合には法律学科法職課程に必ず入学する者


・総合法コース

法的な思考方法によって、社会が抱える問題や日常生活のもめごとを解決あるいは防止できる能力(紛争解決能力)を備えようとする者


❹選考方法


提出書類

①出願確認票

②志望理由書

③出身学校調査書等


■第一次選考(書類選考)

選考方法 (出願期間:9/1~9/17)

出願書類を総合的に評価し,第二次選考対象者を決定し,本人宛に結果を通知します(10/1)。


■第二次選考(10/24)

選考方法

①筆記試験:法曹を目指す者に必要な法的思考力を問うもので,法学の基礎的知識及び論理的思考力・表現力を要するもの

②口述試験

※第一次・第二次選考により総合的に判定する。

合格発表:11/13

入学手続き締め切り日:11/26


●政治経済学科

5名

出願条件

政治の担い手をはじめ、国や地方公共団体、民間企業、NGO、マスコミ、さらには国際社会などの分野で実践的能力を発揮するリーダーを目指そうとする者


選考方法

①書類選考

②筆記試験、口頭試問、面接


●新聞学科

5名

出願条件

1~3のいづれかに該当するもの

1.メディアや情報関連の部活動に在籍し、各種大会等に出場した経験のある者、もしくはそれと同等の実力のある者

2.メディアや情報関連の各種大会等において個人として優秀な実績を有する者、またはそれと同等の実力のある者

3.ジャーナリズム・メディア・情報関連にかかわる検定・資格試験において優秀な成績を有する者、またはそれと同等の実力を有する者



選考方法

①書類選考

②筆記試験、口頭試問、面接


●経営法学科

5名

出願条件

1または2に該当する者

1.グローバルなビジネス分野にてリーダーシップを発揮することや高度な専門職に就くこと、自ら起業することを志している者で全体の学習成績の状況が3.5以上であること

2.以下のいづれかの資格を有している者

a.英検2級以上等

b.日商簿記2級以上等

c.知的財産管理技能検定3級以上


選考方法

①書類選考

②筆記試験、口頭試問、面接


●公共政策学科

5名

出願条件

公務員等でリーダーとなろうとする者で、積極的に社会貢献活動をおこなっている者


選考方法

①書類選考

②筆記試験、口頭試問、面接





❶アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

(文理学部)

日本大学は,「自主創造」の気風をやしない,文化の進展をはかり,世界の平和と人類の福祉に寄与する人材の育成を目的としている。


この理念のもと,文理学部は,人文系・社会系・理学系にわたる各学科において専門知の基礎を学ぶとともに,「文」と「理」を架橋した深い教養とそれらを複合的に生かす実践力を身につけ,現代社会に貢献する人材の育成を目指している。こうした本学部の目的をよく理解し,自己と社会を変え,世界的な課題の解決に取り組む,強い意欲と情熱のある学生を望んでいる。


このような条件に合致する学生を受け入れるために多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。


旺盛な知的好奇心を持ち,既存の考えに縛られない創造性がある。

多様な文化や社会に対して強い関心を抱き,違いを乗り越えていく積極性がある。

自然や人間・社会の複雑な働きについて考察し,問いを発することができる。

問題の解決に向けて,社会や世界に実践的に働きかけていく意欲がある。

日本語を中心とする基礎的なコミュニケーション能力を持っている。

(哲学科)

哲学科は,思想全般にわたる知識と論理的思考能力と対話力に基づいて,現代社会の諸問題に果敢に取り組む人材の養成を目指している。


この理念のもと,哲学科は,「真・善・美・聖」という基本価値に関心を持ち,現代社会の文化と思想の向上を目指す,意欲的な学生を望んでいる。


このような学生を受け入れるために,哲学科は多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。


高等学校で履修する国語,地理歴史,公民,数学,外国語などについて,その基礎的な内容を十分に理解して,高等学校卒業相当の知識を身に付けている。

西洋・東洋の思想に旺盛な好奇心を抱き,それを積極的に学んで現代社会に活かそうという意欲がある。

他者との対話を通して,自らの考えを吟味し,深めようという態度を有している。

(史学科)

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと,歴史の知識・教養,歴史的視点・思考法を身に付け,より正確な歴史像の把握に努め,それらを積極的に活かして現代社会の諸問題の考察と解決に寄与しようとする学生を迎え入れる。


(国文学科)

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと,日本語・日本文学に深い関心を持ち,体系的で専門的な知識の習得に自主的に取り組み,思考力,文章力,表現力を伸ばし,創造性とコミュニケーション能力を発揮して,社会に貢献しようという学生を迎え入れる。


(中国語中国文化学科)

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと,古代から現代にいたる中国の社会や文化に関する知識を身に付け,中国語を習得して,国際理解・国際交流に貢献しようとする学生を受け入れる。


このような条件に合致する学生を受け入れるために多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。


旺盛な知的好奇心を持ち,既存の考えに縛られない創造性がある。

中国語圏をはじめとする世界の多様な文化や社会に対して強い関心を抱き,異文化を理解しようとする積極性がある。

自然や人間・社会の複雑な働きについて考察し,問いを発することができる。

問題の解決に向けて,社会や世界に実践的に働きかけていく意欲がある。

日本語を中心とする基礎的なコミュニケーション能力を持っている。

(英文学科)

英文学科のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを達成するために,入学時に基礎的な英語の文法的知識・読解力・コミュニケーション能力等を有しているとともに,入学後は論理的・批判的思考能力と問題発見・解決力の獲得・定着に取り組みながら,高度な英語運用能力を身に付け,英語圏文学及び英語学の専門知識に裏打ちされた多様な価値観や豊かな教養を備えることによって,国内外の各分野で活躍しようという学生を迎え入れる。


(ドイツ文学科)

日本大学は,「自主創造」の気風をやしない,文化の進展をはかり,世界の平和と人類の福祉に寄与する人材の養成を目的としている。


この理念のもと,文理学部は,人文系・社会系・理学系にわたる各学科において専門知の基礎を学ぶとともに,「文」と「理」を架橋した深い教養とそれらを複合的に活かす実践力を身に付け,現代社会に貢献する人材の養成を目指している。こうした本学部の目的をよく理解し,自己と社会を変え,世界的な課題の解決に取り組む,強い意欲と情熱のある学生を望んでいる。


このような条件に合致する学生を受け入れるために多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。


旺盛な知的好奇心を持ち,既存の考えに縛られない創造性がある。

ドイツ語圏の文学・語学・文化に関心を抱き,高度なドイツ語能力を身に付けた上で,ドイツ語圏文化の諸相を広く深く学ぶことを目指す学生。

様々な文化における人間・社会の複雑な働きについて考察し,問いを発することができる。

問題の解決に向けて,社会や世界に実践的に働きかけていく意欲がある。

日本語とドイツ語を中心とする基礎的なコミュニケーション能力を持っている。

(社会学科)

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと,社会学の理論と方法を深く学び身に付け,現実社会を調査・分析し考察する力を高めることで,他者と協力しながら錯綜する現代社会の諸課題の解決に寄与し,自由でしなやかな社会の構想をリードしようとする,意欲ある学生を迎え入れる。


また,受験生は,地歴公民(特に現代史や時事問題),数学(統計学に関わる分野),国語(論証)に関する能力を高めておくことが望ましい。


(社会福祉学科)

大学において専門的に学ぶために,高等学校までの各教科の基礎が身に付いている人物を求める。

様々な社会問題や格差に対する鋭い問題意識,人権意識を持ち,よりよい社会のありようを探求する意欲を持つ人物を求める。

社会福祉問題に強い関心があり,福祉社会をめぐる様々な課題を他者と協力して解決しようとする意欲や主体性がある人物を求める。

クラブ活動やボランティア活動に積極的に取り組み,他者とコミュニケーションをとり,協調的・建設的に共同作業に取り組もうとする人物を求める。

(教育学科)

日本大学は,「自主創造」の気風をやしない,文化の進展をはかり,世界の平和と人類の福祉に寄与する人材の養成を目的としている。


この理念のもと,文理学部は,人文系・社会系・理学系にわたる各学科において専門知の基礎を学ぶとともに,「文」と「理」を架橋した深い教養とそれらを複合的に活かす実践力を身に付け,現代社会に貢献する人材の養成を目指している。こうした本学部の目的をよく理解し,自己と社会を変え,世界的な課題の解決に取り組む,強い意欲と情熱のある学生を望んでいる。


このような条件に合致する学生を受け入れるために多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。


旺盛な知的好奇心を持ち,既存の考えに縛られない創造性がある。

多様な文化や社会に対して強い関心を抱き,違いを乗り越えていく積極性がある。

自然や人間・社会の複雑な働きについて考察し,問いを発することができる。

問題の解決に向けて,社会や世界に実践的に働きかけていく意欲がある。

日本語を中心とする基礎的なコミュニケーション能力を持っている。

(体育学科)

体育・スポーツと健康に対する強い関心と基礎的な知識・技能を兼ね備え,在学中にスポーツ活動を課外活動として行い,本学科で学修した高度な科学的知識及び実践知を活かして,体育・スポーツと健康に関わる専門職(特に中学校・高等学校の保健体育教員あるいは小学校の教員※)に就く意思が明確な者を求めています。


学校教員:保健体育・スポーツ教育

会体育・スポーツ指導者:ジュニア選手の発掘・育成,地域スポーツ

エリートスポーツ選手の指導者:競技力向上を目指した優れた選手の育成・強化

健康スポーツ指導者:一般成人・高齢者に対する健康スポーツの普及

※小学校教職課程については,本学部の協定校において所定の単位の修得が必要。


(心理学科)

日本大学は,「自主創造」をやしない,文化の進展をはかり,世界の平和と人類の福祉に寄与する人材の養成を目的としている。


この理念のもと,文理学部は,人文系・社会系・理学系にわたる各学科において専門知の基礎を学ぶとともに,「文」と「理」を架橋した深い教養とそれらを複合的に活かす実践力を身に付け,現代社会に貢献する人材の養成を目指している。こうした本学部の目的をよく理解し,自己と社会を変え,世界的な課題の解決に取り組む,強い意欲と情熱のある学生を望んでいる。


心理学科においては,日本大学及び文理学部の方針を受け,さらに心理学科で勉学を受けるにふさわしい学生を受け入れるために多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。


幅広く豊かな知識と教養を身に付ける知的好奇心がある。

現代社会が直面している多様な問題に関心がある。

得られる情報を客観的に理解し,論理的に考えることができる。

問題を注意深く観察し,解決しようとする意欲がある。

あきらめない気持ちで,課題に果敢に挑戦することができる。

他者と議論できるコミュニケーション能力がある。

集団の中で他者と協力することができる。

謙虚に自己を振り返り,自己の資質を高めようとする意欲がある。

(地理学科)

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと,世界や日本の地域的な諸課題の解決と,地域社会の持続的発展に貢献することを目指す意欲的な学生を迎え入れる。


前提として次のことを求める。


フィールドワークに関心を持ち,現象を地理的空間に展開しようと発想することができる。

世界や日本の地域的な諸問題について筋道を立てて考えるとともに,人々と議論し,協働して学んで得られた結果を説明する能力を身に付けていること。

自然と人間・社会との関係に興味を抱き関連性を説明できる。

地域社会の持続的発展に寄与し貢献する目的意識と意欲があること。

高等学校の教育課程で修得した自然地理,人文地理や地理情報の知識・技能を身に付けている。また,地図や統計などの地理空間情報をGIS で表示する能力を身に付けている。

(地球科学科)

気象学,水圏科学,地球化学,地質学,火山学,地球物理学などの地球科学的な知識と技術に基づき,自然災害問題や地球環境問題の具体的な課題に対処できる基礎的能力を持った人材や,幅広い地球科学的教養を身に付け社会の様々な領域で活躍できる人材を養成するため,地球に強い関心を持ち,勉学への意欲を持って科学的な基礎知識を身に付け,その知識を応用できる資質を持った学生を受け入れる。


(数学科)

日本大学は,「自主創造」の気風をやしない,文化の進展をはかり,世界の平和と人類の福祉に寄与する人材の養成を目的としている。


この理念のもと,文理学部は,人文系・社会系・理学系にわたる各学科において専門知の基礎を学ぶとともに,「文」と「理」を架橋した深い教養とそれらを複合的に活かす実践力を身に付け,現代社会に貢献する人材の養成を目指している。こうした本学部の目的をよく理解し,自己と社会を変え,世界的な課題の解決に取り組む,強い意欲と情熱のある学生を望んでいる。


数学科では,日本大学の理念と文理学部の目指している人材養成の目的のもと,ディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシーを踏まえて,次のようにアドミッション・ポリシーを定める。


旺盛な知的好奇心を持ち,既存の考えに縛られない創造性がある。

多様な文化や社会に対して強い関心を抱き,違いを乗り越えていく積極性がある。

自然や人間・社会の複雑な働きについて考察し,問いを発することができる。

問題の解決に向けて,社会や世界に実践的に働きかけていく意欲がある。

日本語を中心とする基礎的なコミュニケーション能力を持っている。

抽象数学の学習から論理力を,応用数学の学習から社会に役立つ数学の運用力をそれぞれ習得し,それらの知識・技能を活かして人類と社会に幅広く貢献しようという志を持っている。


(情報科学科)

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと,情報科学に対する強い関心を抱き,情報科学及び情報技術の基礎をプログラミングや数理を含む多様な面から習得し,情報社会の発展に寄与することに強い意欲と情熱のある学生を望んでいる。


このような条件に合致する学生を受け入れるために多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。


情報技術やそれを支える数理に対して強い関心を持ち,既存の考えに縛られない創造性がある。

新しい技術に対して関心を持ち,情報技術の変化に敏感に反応しようとする積極性がある。

情報技術が社会に与える影響について考察し,問いを発することができる。

問題の解決に向けて,社会に対し情報技術を用いて実践的に働きかけていく意欲がある。

情報技術と数理を学ぶために必要とされる基礎的な学力を持っている。

(物理学科)

物理学科では,文理学部のアドミッション・ポリシーのもと,現代の先端科学技術の発展に寄与できる基礎的な学力と専門的な知識を習得し,未来の科学技術及び産業界の発展に貢献しようとする学生を望んでいる。


このような条件に合致する学生を受け入れるために多様な選抜方法を実施しているが,その前提として入学者には次のことを求める。


旺盛な知的好奇心を持ち,既存の考えに縛られない創造性がある。

多様な文化や社会に対して強い関心を抱き,違いを乗り越えていく積極性がある。

自然や人間・社会の複雑な働きについて考察し,問いを発することができる。

問題の解決に向けて,社会や世界に実践的に働きかけていく意欲がある。

日本語を中心とする基礎的なコミュニケーション能力を持っている。


(生命科学科)

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと,生命科学の専門的知識や技術を習得するとともに,めざましく発展しつつある現代の先端技術に対処するために,それらを活かして社会に幅広く貢献しようという意欲を燃やす学生を迎えいれる。高等学校等で得られた基礎的な知的能力を学力試験により評価して入学者を選抜するだけでなく,高等学校での成績,学習意欲や適性等を多面的・総合的に評価する選抜を行い,国内外から幅広く迎える。


(化学科)

化学は,合成繊維,プラスチック,医薬品,半導体など,現代社会に欠かすことの出来ない様々な物質を創りだす,夢の多い学問である。


また,資源やエネルギー源の枯渇,食料不足,人口問題, 環境汚染など,今後人類が直面する諸問題の解決には,化学が大きな役割を果たすと期待されている。


化学に対するこのような期待に応えるために,化学科では広い視野に立って将来の化学及び科学技術の発展に貢献できる人材の養成に努めている。


そこで,化学科では文理学部のアドミッション・ポリシーに加えて,以下に示す項目に対して1 つ以上該当する学生を国内外から幅広く迎える。


化学に強い関心があり,より深く学びたいという意欲を持つ人

化学実験が好きで,未知の事象に対する旺盛な好奇心を持つ人

化学に関する知識と技術を習得し,様々な分野での活躍を目指す人

教育に熱意を持ち,将来,中・高等学校の理科教員になりたいと考えている人


❷出願資格

高等学校もしくは卒業見込みの者ならOK!


❸出願要件

(1)志望学科のアドミッション・ポリシー及び教育内容を理解し,志望学科を第一志望とし,合格した場合には必ず入学する者

(2)エントリーシートを受付期間内に提出した者〈哲学科/中国語中国文化学科/化学科〉



〈史学科〉

(1)高等学校在学中に歴史を扱う部活動に在籍,または地域の歴史系研究会などに在籍し,エントリーまでに行った活動実績を提出できる者

*「活動実績」とは、学園祭での展示(展示の内容がわかる状況写真やチラシなど)、ポスター展示(ポスター写真,ポスターのコピー,またはその内容がわかるもの)、発表会,報告会などで配布したレジュメ、刊行物に載せた文章(コピー可)など


(2)(1)の活動実績に関するプレゼンテーションを行うことができる者



〈国文学科〉

(1)オープンキャンパスで実施される本学科AO入試説明会に出席し,かつ本学科の特別授業を受講した者


〈英文学科〉

(1)オープンキャンパスで実施される本学科AO入試説明会に出席し,かつ本学科の特別授業を受講した者


(2)以下の項目のうち,いずれか一つを満たす者

①日本英語検定協会主催「実用英語技能検定」2級以上®

②TOEIC L&R(旧形式を含む)公開テスト550点以上


(3)全体の評定平均値が3.5以上の者


〈ドイツ文学科〉

(1)以下のいずれかの要件を満たす者

A出願:ドイツ語圏に関する強い興味を持ち,既にある程度のドイツ語圏のことば,歴史,文化,文学について勉強している者

B出願:ドイツ語既習者であり,ドイツ語学文学振興会主催「ドイツ語技能検定試験」3級程度のドイツ語力を有する者


(2)オープンキャンパス(7月21日〈日〉)で実施される本学科AO入試説明会に出席した者


〈社会福祉学科〉

(1)社会福祉士等の資格取得を目指し,かつ,本学科に入学を強く希望する者

(2)オープンキャンパスで実施される本学科AO入試説明会に出席した者


〈体育学科〉

第1期

(1)出願期間最終日を起算日とした過去3年以内に体育・スポーツ活動等で顕著な活躍が認められた者。ただし,高等学校及び中等教育学校(後期課程)を卒業見込みの者は,高等学校入学以降または中等教育学校(後期課程)以降の体育・スポーツ活動等で顕著な活動が認められた者

(2)以下のいずれかの要件を満たす者

a:学校教育に対する高い関心と教職に就く強い意志を示し,卓越した知識と実践力を用いて,保健体育・スポーツ教育に従事しようとする者

b:ス ポーツ社会の発展に対する高い関心と,社会体育・スポーツ指導者や公務員等を目指す強い意志を示し,卓越した知識と実践力を用いて,地域スポーツ文化等の振興およ

び生涯スポーツの普及に貢献しようとする者


第2期

(1)出願期間最終日を起算日とした過去3年以内に体育・スポーツ活動で顕著な活躍が認められた者。ただし,高等学校及び中等教育学校(後期課程)を卒業見込み

の者は,高等学校入学以降または中等教育学校(後期課程)以降の体育・スポーツ活動で顕著な活動が認められた者

(2)以下のいずれかの要件を満たす者

a:優れた競技力と専門的知識および技能を活かし,教員として保健体育・スポーツ教育に従事しようとする者

b:優れた競技力と専門的知識および技能を活かし,社会体育・スポーツ指導者として健康スポーツの普及やアスリートの育成・強化に貢献しようする者


〈地理学科〉

(1)オープンキャンパスで実施される本学科AO入試説明会に出席した者

(2)地理に関連した地域活動,または外部団体による地理に関わる検定内容の実績を提出できる者


〈情報科学科〉

(1)実施される本学科AO入試説明会に出席した者


❹選考方法


提出書類

①出願確認票

②出身学校調査書等

③志望理由書 ※体育学科を除く


〈哲学科/中国語中国文化学科/地理学科/化学科〉

①レポート ※地理学科は課題レポート


〈史学科/ドイツ文学科/社会福祉学科〉

上記,共通書類①~③のとおり


〈国文学科〉

①日本文学ないし日本語学に関する任意のテーマに即した小論文(2,000字以上)1点 あるいは,半紙に漢字・仮名のいずれかの古典臨書作品1点

②オープンキャンパスで受講した本学科特別授業についての感想文1点


〈英文学科〉

①英米文学ないし英語学(英語教育を含む)に関する任意のテーマに即した小論文(日本語で2,000字程度。用紙は説明会会場で指示)1点

②オープンキャンパスで受講した本学科特別授業についての感想文1点

③出願要件〈英文学科〉(2)のいずれか一つが確認できる証明書の写し


〈体育学科〉

第1期

①活動調書

②活動証明書

第2期

①スポーツ活動調書

②スポーツ活動証明書


〈情報科学科〉

①開発したいアプリケーション概要説明書


■第一次選考(書類審査)

選考方法 エントリーシート及び出願時提出書類の内容により第二次選考対象者を決定し,

本人宛に結果を発送します。


※史学科,ドイツ文学科(A出願),社会福祉学科,体育学科の第二次選考試験対象者は送付される課題についてレポートを作成し提出[郵送必着]してください(史学科は活動実績〈複製でも可〉も同封すること。なお,レポートと活動実績は返却しません)。


■第二次選考試験

選考方法

※第一次・第二次選考により総合的に判定する。


〈哲学科〉

①レポートに基づくプレゼンテーション

②面接


〈史学科〉

①レポート

②活動実績

③プレゼンテーション(成果物及びレポートに関するプレゼンテーション)

④面接(レポート及びプレゼンテーションに関する口頭試問)


〈国文学科〉

①日本文学ないし日本語学に関する小論文 あるいは,書道作品の制作

②口述試問


〈中国語中国文化学科〉

①出願時に提出されたレポート

②論述試験

③面接(出願時に提出されたレポート及び論述試験に関する口頭試問)


〈英文学科〉

①小論文(英語によるエッセイ,300~500語程度)

②口述試問(小論文についての口述試問)


〈ドイツ文学科〉

A出願

①レポート

②プレゼンテーション

③面接(レポート及びプレゼンテーション課題に関する口頭試問)

B出願

①ドイツ語能力確認テスト(筆記)

②面接(日本語並びにドイツ語)


〈社会福祉学科〉

①レポート

②プレゼンテーション

③グループ討議

④面接


〈体育学科〉

第1期

①レポート

②適性試験(当日課題による口述試問)

③面接

第2期

①レポート

②プレゼンテーション及び口述試問

③面接


〈地理学科〉

①フィールドワークと調査報告書の作成

②面接


〈情報科学科〉

①ハッカソン(アプリケーション開発)

※2日間にわたりアプリケーション開発を行います。開発したアプリケーションの概要説明書をレポートして,提出[郵送必着]してください。

②開発したアプリケーションに関するプレゼンテーション

③面接(開発したアプリケーション及びプレゼンテーションに関する口述試問)


〈化学科〉

①小論文

②面接のほか「実験操作に関する簡単な実技」を課す場合がある




❶アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

プレゼン型

【求める学生像】

(1)本学部が定めるディプロマ・ポリシーを理解し,共感する者。

(2)経済学・経営学・会計学に関して問題を発見し,解決するために意欲的に学修を継続できる者。

(3)明確な目的意識と強い意欲を持ち,目標の達成に向けて努力できる者。


資格取得型

【求める学生像】

(1)本学部が定めるディプロマ・ポリシーを理解し,共感する者。

(2)取得した資格を生かし,より高度な専門性を身につけるため経済学・経営学・会計学の修得に強い意欲を持って学修を継続できる者。

(3)明確な目的意識と強い意欲を持ち,目標の達成に向けて努力できる者。


❷出願資格

高等学校もしくは卒業見込みの者ならOK!


❸出願要件

(1)プレゼン型・資格取得型共通 経済学部の教育理念及び求める学生像を理解し,日本大学経済学部を第一志望とする者

(2)プレゼン型 出願資格(1)の場合,出願時における全体の評定平均値3.5以上の者

(3)資格取得型 次の①~⑥のいずれかに該当する者

①実用英語技能検定2級以上合格

②TOEFL iBT®Score:45 以上

③TOEIC®L&R(旧形式を含む)Score 470以上

④全国商業高等学校協会主催の検定試験(簿記・英語・商業経済)のうち2つ以上の分野で1級を取得

⑤日商簿記検定2級以上合格

⑥基本情報技術者試験合格


全学科 プレゼン型


(論文・プレゼンテーションによる選考)


❹選考方法

提出書類「エントリーシート」(本学部指定用紙使用〈800字以上1,000字以内〉)

※「エントリーシート」は本学部のホームページに掲載します。また,本学部のホームページの資料請求フォーム,電話,ファックスのいずれかの方法で請求することもできます。

(この段階まで入学検定料は一切徴収しません)


提出書類

①出願確認票

②出身学校調査書等

③小 論文(本学部指定用紙使用〈2,700字以上3,000字以内〉)

[小論文研究課題]

小論文研究課題は,0000年6月0日に公表します。

※「小論文研究課題」は本学部のホームページに掲載します。また,本学部のホームページの資料請求フォーム,電話,ファックスのいずれかの方法で請求することもできます。


■第一次選考

選考方法

①書類審査(エントリーシートを含む)

②小論文


合格後,第二次選考へ出願した者に対し,第二次選考に関する詳細の案内を送付します。


提出書類 第二次選考申込書

全学科 資格取得型(資格取得者を対象とした論文による選考)


❹選考方法

[郵送必着]

提出書類

①(本学部指定用紙使用出願確認票

②エントリーシート

〈800字以上1,000字以内〉)

③出身学校調査書等

④小論文A(本学指定用紙使用〈1,350字以上1,500字以内〉)

⑤検定合格等の証明書の写し[小論文Aの研究課題]

「小論文Aの研究課題」は本学部ホームページに掲載します。また,本学部のホームページの資料請求フォーム,電話,ファックスのいずれかの方法で請求することもできます。


■第一次選考

選考方法

①書類審査(エントリーシートを含む)

②小論文A

合格後,第二次選考へ出願した者に対し,第二次選考に関する詳細の案内を送付します。


提出書類

①第二次選考申込書

②面接票


選考方法

①小論文Bただし,テーマについては当日指定)

②面接

※小論文B及び面接の結果により,総合的に合否を判定する。




※映画・美術・音楽・演劇の各学科はコース(専攻)を1つだけ選択。

※学科・コース(専攻)の併願はできません。


全学科

❶求める学生像

〈写真学科〉

次のいずれかに該当する者を求めます

a 写真に関する明確な将来の志望を持っている者

b 写真に特に強い興味・関心を持っている者

c 写真の関連分野について顕著な成果をあげている者

〈映画学科〉

芸術分野に対する豊かな感受性を有し,映像表現分野における創作活動,あるいは映像理論分野における研究活動に対する能力が認められる者を求めます

〈美術学科〉

芸術領域において創造的・積極的な姿勢を持っている者で次のいずれかの分野に関する能力が認められる者を求めます

a 絵画・版画・彫刻における創作活動

b 社会と芸術に関わる創作活動

c 美術に関する理論的研究活動

〈音楽学科〉

次のいずれかに該当し,自己をアピールしプレゼンテーションができる者を求めます

a 音楽学科各コースの教育内容を理解し,考・動・創・力に富み,芸術,とりわけ音楽の素質豊かな潜在能力を有し,創作力,実技演奏力,論文表現力等に秀で,豊かな人間性を感じさせる者

b 音楽活動(オーケストラ,吹奏楽,合唱,各種演奏オーディション,コンクール等)に積極的に参加し,実績をあげた者

〈文芸学科〉

次のいずれかに該当する者を求めます

a 創作,評論を問わず,文芸表現を第一義にめざす者

b 文芸表現分野において顕著な成果をあげている者

〈演劇学科〉

大学で舞台芸術を学ぶことについて積極的な動機を持ち,次のいずれかに該当する者を求めます

a 演劇・舞踊に特別な可能性を見いだす者

b 学力試験的な方法以外で実力をアピールしたい者

c 一回限りの面接ではなく段階的また多面的に自己をアピールしたい者

d 調査書にあらわれない学業的成果をもって自己をアピールしたい者

e その他の,意外なまたは例外的な経歴・個性あるいは「力」をアピールしたい者

〈放送学科〉

放送学科のカリキュラムを理解し,将来アナウンサーを志す者

〈デザイン学科〉

次のいずれかに該当し,自己をアピールしプレゼンテーションができる者を求めます

a デザインに関する明確な将来の志望を持っている者

b デザインを通じて社会・文化に貢献したいと考えている者

c 新たなものごとやシステムを考え,デザインの視点から創作することが好きな者。

d デザインに関わる新技術に興味を持ち,新たな「表現」や「ものづくり」に関心がある者。

e デザイン・美術において顕著な成果を上げた者。


❷出願資格

高等学校もしくは卒業見込みの者ならOK!


❸出願要件

(1)試験の内容をよく理解した上で,エントリーを経て審査を通過した者

(2)各学科が求める学生像をよく理解し,本学部を第一志望とする者


❹選考方法

■「自己紹介アンケート」回答期間 必ず提出してください。


〈写真学科〉

自己紹介,興味・関心を持った理由,写真関連分野の実績,将来の希望,履歴

〈映画学科〉

自己紹介,興味・関心を持った理由,履歴,自己PR,将来について

〈美術学科〉

自己紹介,興味・関心を持った理由,芸術活動報告

〈音楽学科〉

自己紹介,興味・関心を持った理由,各種芸術活動報告,音楽歴,特技・資格・趣味等,将来の展望

〈文芸学科〉

自己紹介,興味・関心を持った理由,履歴,印象に残った作品,自由作文

〈演劇学科〉

自己紹介,興味・関心を持った理由,履歴

〈放送学科〉

自己紹介

〈デザイン学科〉

自己紹介,興味・関心を持った理由,履歴及び各種デザイン活動の有無,将来の目標,自己アピール


〈エントリーシートの内容〉

「あなた」が「日藝」で学びたいことをテーマとして自由に表現すること。


■提出書類

<