top of page
  • 執筆者の写真大学受験のポラリス(志望理由書・小論文等対策)

「大学入試 柳生好之の小論文プラチナルール」の紹介

「大学入試 柳生好之の小論文プラチナルール」の紹介


 

目次

 

「大学入試 柳生好之の小論文プラチナルール」は、小論文の書き方に焦点を当てた、大学入試に向けた実践的なガイドブックです。

この本は、小論文の構成や論理展開、表現方法など、高得点を獲得するための具体的なルールとテクニックを学ぶことができる内容となっています。

3つの章に分けて、それぞれ「小論文の書き方」「形式的小論文」「複合型小論文」というタイトルにしてテーマ別の内容となっています。


この本の特徴的なポイントは以下の通りです:


文章表現の豊かさと語彙力の向上:


小論文は、的確で鮮やかな表現が求められます。

本書では、第一章で文法の正確性、文体の適切さ、語彙の使い方など、文章表現の豊かさを向上させるための具体的なアドバイスを提供しています。

これにより、文章のクオリティを高め、読み手に強い印象を与えることができます。

具体的には、「文章表現」「書くための国文法」「表現のためのレトリック」という構成で説明してくれています。

 

基本ルールとトピック選択の指針:


小論文は、論理的な構成と適切なトピック選択が重要です。

本書では、第二部で小論文の基本的な出題形式を提示してくれています。

「文章読解型小論文」「議論型小論文」「問題解決型小論文」「テーマ型小論文」の4つです。

それぞれの出題形式によって、対策方法や書き方が異なってくるので、そのあたりを具体的に説明してくれています。

例えば、テーマ型小論文の場合は、ネタを他の教科から持ってくるとあるように、テーマ知識や予備知識が必要であることが示唆されています。

 

論理展開と論拠の使い方:


第三部では、複合型小論文というタイトルで、実際に出題される問題の型を提示してくれています。


1.文章読解+議論型小論文

2.議論+問題解決型小論文

3.文章読解+問題解決型小論文


第二部で習った知識をもとに、実際の入試で出される形式を示してくれています。

これによって、さらなる実践的トレーニングができるようになります!

 

まとめ


「大学入試 柳生好之の小論文プラチナルール」は、小論文の書き方に自信を持ちたい大学入試受験生にとって、実践的なアドバイスと具体例を提供する有益な一冊です。読者はこの本を通じて、論理的で魅力的な小論文を作成し、大学入試での高得点を目指すことができるでしょう。

 

閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page