AO・推薦説明会
第一回 11/17(日)12時~
​第二回 11/24(日)12時~
​【お申込み方法】
電話:03-6231-4107
Web:申し込みフォーム
​AO説明会希望と書いてください

最近の大学受験​は複雑すぎてわからない・・・

AO入試とか公募推薦とかTEAPとか、何なの?

大学受験は昔とはだいぶ変わっていて、お父さんお母さんに聞いても、わからないことが多いのです。

​このホームページでは、そういった最近の大学受験の動向を記事にしていきます!(特にブログに書いてます!) 是非、悩みを聞かせてください!

「だいたい知っている!という方は、こちらの方をご覧ください!

​↓             ↓

★AO入試・公募推薦のススメ★

AO入試や公募推薦といえば、最近の入試制度の中でも、よくわからないものナンバーワンを争う制度ですよね!

​でも、これが結構チャンスなのです!

ポラリス新小岩では、AOや公募推薦入試をおすすめしています!!

 

理由その1:AO入試や推薦入試の枠はどんどん増えている。

下の円グラフを見てください。大学の全入学者にうち、一般試験入学者が約半分ちょっとです。残りは、推薦入試とAO入試に占められています。だいたい半分くらいの大学生が一般入試以外の方式で大学への入学が許されているのです。

理由その2:AO入試は評定が必要ない大学が多い!

下に、慶応義塾大学の環境情報学部と総合政策学部のAO入試の募集要項を載せています。

見にくかったら、クリックして慶応義塾大学のHPのものを見てください!

それを見ると、評定はありませんし、学校長の推薦状も要件とされていません。

​これは、逆に言うと、大学の要求する書類をしっかりと仕上げて、面接や小論文等で大学の要求する基準を超えるものを出せば合格できるということです!

​*ただし、例外もあるので、志望大学の募集要項を必ず参照してください。

慶応 出願資格2020.gif
慶応 出願書類2020.gif

理由その3:小論文は対策をすれば書けるようになる!

AO入試や公募推薦等といえば、まず「小論文!」が頭に思い浮かぶ人も多いでしょう。

作文や小論文があるから、あきらめてしまう人もいます。

確かに作文や小論文を苦手としている高校生は多いのですが、文章を書く訓練をほとんどしていないので、苦手意識があるのは当たり前なのですね。

​文章を書けるようにするには段階を踏んでいく必要があります。

​きちんと段階を踏んで訓練していけば、必ず書けるようになります。

​作文や小論文があるからあきらめるのはもったいないのです!

​*詳しくは、「AO入試・推薦入試対策」のページをご参照ください。

理由その4:しかも、AO入試や推薦入試のほうが受かりやすい!

例えば、東洋大学!

東洋大学の人気学部といえば、国際学部と国際観光学部ですね!そこを比べてみましょう!

国際学部の一般入試の全日程はこんな感じ!

一般入試 全日程

受験者数は5373人

合格者数は958人

倍率は5.61

推薦入試

受験者数が83人

合格者数は35人

倍率は2.37

推薦の方が倍率が低い!!

国際観光学部はどうでしょう?

一般入試 全日程

受験者数は6013人

合格者数は748人

倍率は8.04

推薦入試

170人受験

70人合格

倍率は2.43

圧倒的に推薦入試のほうが倍率が低い!

さらに中央大学!

中央大学で一番受験者数が多いのは経済学部なので、経済学部を見てみましょう。

 

経済学部

一般入試

受験者数6003人

合格者816人

倍率は7.36倍

推薦入試

志願者数が44人

合格者13人

倍率3.36倍

やはり、

推薦入試のほうが倍率は低くなっています

確かに、推薦のほうが高い大学や学部もあります。

しかし、推薦入試のほうが倍率が低い大学もたくさんあります。

それを狙わないのはもったいないと思いませんか?

​もし、その大学に入りたいのならば受けるべきだと思います。

AO入試や公募推薦を受験したくなってきましたか??

では、もしAO入試や推薦入試を受けるとしたら、どんなものを提出しないといけないのでしょう?また、入学試験の科目はあるのでしょうか?

まず、よくある提出物を挙げます。

 

1 志願票

受験生の名前、住所等を書いたり、写真を貼り付けている用紙のことです。

​2 調査書

これは、高校の成績等が書いてある用紙ですね。

3 志望理由書

受験したい大学、学部、学科を志望した理由を書いた用紙です。

4 小論文

必ず出るというわけではありませんが、テーマを与えられて、それについて書かなければならない場合があります。

5 英語外部試験スコア

英検、TEAP、GTECなどの、英語外部試験のスコアの提出が義務付けられていたり、一定の成績以上のものを出すと、英語の試験が満点や80点等に換算されたりするパターンなどがあります。大学によって異なるので、募集要項で調べる必要があります。

6 課題レポート

事前に課題を与えて、それについて調べてレポートをまとめてくるというものです。

​日本大学の理系学部などで実施されています。

次に、実際に試験会場でおこなわれる試験内容です。

1 小論文

あるテーマや課題が出され、それについて書くものです。作文とは異なるので注意が必要です。字数は大学によって様々で、400字のところもあれば、1000字のところもあります。

2 面接

必ず出るというわけではありませんが、テーマを与えられて、それについて書かなければならない場合があります。

​英語で面接がおこなわれるところも増えています。

3 適性検査

「適性試験」という名前からは、どんなテストをやるのかわかりにくいのですが、たいていは普通の学科試験です。ただ、一般入試よりも簡単な場合が多いです。

4 集団討論・ディスカッション

集団討論といえば、慶應義塾大学法学部のFIT入試が有名ですね。

慶應の場合は、集団討論のほかに、講義理解力試験と自己PRも課されています。

集団討論は、5~10名くらいのグループを作って、その中であるテーマについて討論し合い、その様子で点数をつけるものです。

​ディベートのような形で実施するところはなく、集団の中での発言や行動を見て、論理的思考力や協調性等を見るための形態だと思われます。

5 プレゼンテーション

あるテーマについて、わかりやすくパワーポイントや紙の資料を使って口頭で説明するものです。

東洋大学でのものが有名ですね。

​東洋大学の場合は、出願時に提出した課題レポートをもとに、5分間でプレゼンをします。

では、どのような対策をすればいいのでしょう??

現在のAO入試や推薦入試で必要なこと、対策すべきことは主に6個です!

1.なるべく高い評定平均をとる

2.英検などの外部試験で良いスコアを取る

3.良い志望理由書を書けるよう対策する

4.小論文、適性検査対策

5.面接対策

6.プレゼンテーション対策

​これらについて、きちんと事前に対策を立てていく必要があります。

​「ポラリス 新小岩」では、これらの全部について対策をすることができます。

*詳しくは、「AO入試・推薦入試対策」のページをご参照ください。

・志望理由書対策!!

大学側が出している「アドミッション・ポリシー」の読み込みと、大学研究と、自分の目標を徹底的に考えることが重要です。

とはいえ、いきなりそれらを思いついて、文章にするのは難しいですよね。

そこで、どう読み込むのか?、目標をどう見つけたらいいのか?、どのように文章化するのか?

・・・といった部分を塾で徹底フォロー!

・小論文対策!!

 「知識+書き方」が大切!

小論文といっても、種類があります。

① 自由作文的な、いわゆる1行問題

② ある文章を読んでから、それを要約して、さらに問いに答えるもの

③ グラフや表などの資料から読み取れることを書かせるもの

などなど・・・

自由作文のような課題にしても、テーマについて知識がなければ何も書けません。

課題文付きの問題でも、知識がなければ何が書いてあるのか十分に理解できません。

グラフや表についても、知識がなければ正確に読み取ることはできないかもしれません。

それに、ただ思いついたままに書いても、あっちいったり、こっちいったりの文章になってしまいます。

​文章を整理して書かないといけません。

それぞれに、対応方法は違ってくるのです。

だから、書き方は大事なのです。

*詳しくは、「AO入試・推薦入試対策」のページをご参照ください。

このように、様々な提出物や試験形態がありますが、その中で一番大事なのは、志望理由書です。

なぜかと言いますと、志望理由書は文章を書く練習になりますので、小論文の練習になります。論理的に書くことまで気を付けたり、志望大学学部学科についてもしっかりと調べれば、書いている内容はほぼ小論文と同じです。

また、志望理由書に書いたことは、面接官に熟読され、それをもとに面接が行われるので、志望理由書の準備をしっかりとやっておくと、面接の準備にもなるのです。

このように、一石二鳥ならず、一石三鳥にもなるのが、志望理由書なのです。

この志望理由書ですが、きちんと書けているかを自分で判断することはとても難しいですよね。

第三者による添削が必要となります。

​「大学受験のポラリス新小岩」では、経験豊富な講師がばっちり添削していきます。

お申し込みの流れ

まずは、お電話か問い合わせフォームからお問い合わせください。

その時に、無料受験相談の日程を決定します。

無料受験相談で、弊塾のことや、受験情報、勉強計画等をご説明いたします。

「入塾しようかな?」と思われたら、申込用紙に書いていただき、入塾となります。

​受験相談では、無理な勧誘は致しませんのでご安心ください。

大学受験に関する相談なら何でも!

よくある質問

​Q 

推薦やAO対策っていつから始めたらいいの?

A 

できれば、高1、2年から!

なるべく早く始めるにこしたことはありません。

三年生になってから始めると、一般入試や部活と時間の取り合いとなってしまいます。

「でも、AO入試をやるかわからないのに、モチベがないよ」

という人もいるかもしれません。

そうであるなら、AO入試にも一般入試にも役立つことをやってみましょう!

 

例えば、AO入試や推薦入試の場合は、たくさん受験することができないので、まずは志望校だったり、志望学科を決めることが先になります。

つまり、大学研究です。

これは、一般入試でも必要なことです。

志望校、受験校を決めるのに、その大学のことや学問のことを知らないと、入ってから後悔するかもしれませんよね。

単に「大学研究」だと、調べて終わりになってしまい、残るものが少ないので志望理由書を作ってみることをおすすめします!

また、英検やTEAPといった外部試験等の対策もおすすめです。

一般入試でも、それらを持っているとTEAP型入試が受けられたり、点数での優遇があったりします。詳しくは​各大学の募集要項を見てください!

​Q 

AO入試や公募推薦って、同時に受けられるんですか?

A 

基本的には受けられません。

受験したところの不合格がわかってから、他の大学のAO入試を申し込みましょう。

ただし、併願を認めている大学が少数ですがあります。

そういったところであれば、同時でも大丈夫です。

大学の募集要項を調べてみましょう!

Q 

AO入試って高校に言わないといけないんですか?

A

AO入試の場合は、原則的には学生と大学の間でのことなので、高校が関係してくることはありません。

ただ、調査書を提出しなければならず、その部分で高校は最低限関係してきます。

また、AO入試を受けることを言わないでいて、調査書をもらうときに発覚して怒られるというパターンもあるようですが、これは高校の先生方が生徒の意識や動向を知っておきたい、知った上で効果的な受験指導をおこないたい、という部分から発生することだと思います。

​自分の通っている高校のことがあまり好きではない人もいるかもしれません。でも、先生方が怒るのも、生徒にちゃんと希望のところに進学して欲しいという気持ちからだと思うので、道義上最低限のことは伝えておいたほうがいいかと思います。

Q

「ポラリス新小岩」では、一般入試対策はできないの?

A

できます。

普通の塾や予備校とは違って、両方できるのも特長です。

一般入試対策は効率のよい勉強法を教えますので、その方法でやってもらいます。

​追加で個別指導や知識の定着度合いを測る確認テストを実施することもできます。

ブログ記事(カテゴリー)

大学受験に関する相談なら何でも!

塾 | 大学受験情報局 | 日本

© 2023 by HEAD OF THE CLASS. Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / info@mysite.com